79.一億総One Family化計画

他人に責任を押しつける究極の方法は法律の改正であると思われる。 現在の法律では加害者に罰則を与えられないからと、法律を改正しようとする。 または罰則を強化する。 確かにそれによって被告となった者には重い影響を受ける。 しかしそれではこれから犯罪を犯そうとする者には抑止力となりにくい。 今の医学が対症療法…
コメント:0

続きを読むread more

78.依存症

そして自分以外に責任を移すということは、依存心が強くなるということである。 これが最近よく言われる依存症というものに繋がる。 ・タバコが止められないのは、タバコを売っているからだ ・パチンコが止められないのは、パチンコ店があるからだ ・お酒が止められないのは、医者がもっと強く言ってくれないからだ ・ゲー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

77.全ては自分に責任がある

あー、気が付けばこのブログ、最後の書き込みから1年が経とうとしていた。 1度、間が空いてしまうと、なかなか再開しようという気になれないものである。 でも今回はテレビで良いことを言っていたので、それに便乗しようと重い腰を上げた。 それは「林先生の初耳学」の4/14放送分で、東京都千代田区立麹町中学校の工藤校長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

76.大東亜戦争とユダヤ その2

そして日本は原爆を2発も落とされ、敗戦となった。 歴史は勝利した者が作る。 日本は東南アジアに侵略したものとされ、米英仏蘭の連合国(ユダヤ)がそれを食い止めたと戦後の日本の教科書ですら書いている。 だが当の東南アジアの人々に訊くと、まるで違っている。  日本の「侵略」(植民地化)の実態・真実 もし日本が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

75.大東亜戦争とユダヤ その1

再び日本に戻る。 これほど戦争が仕組まれたのなら、あの戦争もやはり疑うべきであろう。 そう…太平洋戦争、いや、日本人としては大東亜戦争と呼ぶべきか。  大東亜戦争と太平洋戦争の名称の違い 真珠湾攻撃がきっかけとされているが、そのきっかけを与えたのはアメリカのハルノートであった。 そしてこのハルノートを強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

74.造られた戦争とユダヤ

江戸無血開城が行われた時である。 旧幕府と新政府軍が対立していたが、それぞれバックにはフランス・アメリカとイギリスが付いていた。 この戦いがもし行われていたら、多額の軍資金を必要とするため領土を外国に奪われるところだったとある。  江戸無血開城の真相を追う それが正しくユダヤの狙いだった。 それを阻止したの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

73.東インド会社の植民地支配

モンサントのような企業は昔にも存在していた。 その1つが「東インド会社」という会社である。 いや、会社というよりユダヤ国家と言った方がいいかもしれない。  ユダヤ人設立の東インド会社はただの株式会社ではなく軍隊を持ち、他国を侵略しその植民地管理し このようにインドやインドネシアの国を侵略し、植民地としていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72.モンサントの歴史

現在の世界経済をほぼ掌握しているユダヤ人だが、その中のモンサントという会社に注目したい。 この会社の歴史(リンクなし出所:Wikipedia)を見てみると、  ・最初に作った製品は人工甘味料サッカリン(1901)  ・アスピリン、サリチル酸の製造(1919)  ・ポリ塩化ビフェニル(内分泌かく乱化学物質)の製造(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

71.ユダヤ企業とエンドユーザー日本人

今度はユダヤ人の経済界に注目してみる。 現在で世界的に有名な企業を挙げてみると、  Microsoft Macintosh Google Facebook DELL Intel  スターバックス マクドナルド  ディズニー ユニバーサル・スタジオ  マリーナ・ベイ・サンズ  モンサント …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

70.朝鮮人とユダヤ人の違い

在日朝鮮人のことを10回に渡って書いてきたが、日本のお金をここまでして本国に送っているというのは、ある意味愛国心がすごい。 戦後教育で愛国心をなくした日本人とは大違いである。 しかしそこまでして北朝鮮に忠誠を誓っている在日朝鮮人だが、自分達が送金したお金で作ったミサイルが日本にも飛んでくる可能性があるのに、自分達だけは助かる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

69.在日朝鮮人~朝鮮宗教・創価学会~企業

在日朝鮮人が運営している企業を前に挙げたが、創価学会が関係すると言われる企業を今度は挙げることとする。 当然利益の行方は、  企業→創価学会→在日朝鮮人→朝鮮総連→北朝鮮→核・ミサイル開発 となる可能性はもちろんある。 ・ウォルト・ディ○ニー・ジャパン  元社長が学会員。(うつつを抜かして)夢の国ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

68.在日朝鮮人~朝鮮学校

オレオレ詐欺以外でも、この国で起こっている凶悪な犯罪の実行犯は朝鮮人や韓国人が多いというサイトもある。  朝鮮人の凶悪事件一覧 この中でも強姦事件はほとんどが韓国人である。 これがお国柄を示すことなのか、漢字が間違っているのではとさえ思ってしまう。(韓国ではなく姦国) ルーツもエベンキ族ということらしいが、ここで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

67.【推測】在日朝鮮人~オレオレ詐欺

これまで在日朝鮮人に関して調べたことを書いて、それらが本当に北朝鮮に送金していたら相当な額である。 しかし過去のことはともかく現在を考えると、パチンコ店からの送金は10分の1に減ったという情報もあり、  パチンコ店のほぼ90%の経営者が韓国人って本当ですか? 闇金も対策法ができたことにより取り立てが難しくなったと思われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

66.在日朝鮮人~企業

他にも在日朝鮮人が経営している企業が多数ある。 叙○苑などの焼肉店の多くやソフト○ンクがそうである。 焼き肉を食べに行ったり、携帯やスマホの契約をソフト○ンクで行うと、利益が北朝鮮へ行ってしまう。 また野球を観に行ってもそうである。 その他にも多数の企業がある。  国民が知らない反日の実態 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

65.在日朝鮮人~貸金業

億万長者ランキングにパチンコ店と並んで貸金業も多く入っているが、それも多くは在日である。 ・アイ○ル ・武○士 ・ア○ム ・プロ○ス 有名どころほとんどがそうであり、利益が北朝鮮に渡っていると思われる。  以下の星印が付いている消費者金融やパチンコの社長や経営者はみんな在日韓国人・朝鮮人なのですか? こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

64.在日朝鮮人~マスコミ

次にマスコミの世界にも在日朝鮮人は多くいる。 注目された電通という会社の9代目社長も在日という噂がある。 血筋が朝鮮人ではなくても、朝鮮で育ち朝鮮教育に洗脳されていれば在日朝鮮人とほぼ同じである。 そしてインターネットが出てくる前の時代、日本人をいとも簡単に洗脳できることによって、日本人の「一億総白痴化計画」は進められ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

63.在日朝鮮人~国会議員

次に在日朝鮮人は政治の世界にも進出している。  【在日朝鮮人】民主党の3人に1人!?在日の国会議員はこんなにいた!  在日南北朝鮮人の国会議員リスト なるものを見つけました。 在日朝鮮人だろうが立候補して当選すれば議員になれる。 ということは大勢の有権者が選んでいることになる。 その有権者は自分が選んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

62.在日朝鮮人~朝鮮宗教

次に在日朝鮮人が日本人に対して行ったことは、朝鮮宗教によるものがある。 これは60.の②にあたる。 朝鮮宗教として、主に以下の3つがある。 1. 統一教会 2. オウム真理教 3. 創価学会 1. 統一教会   在日朝鮮(韓国)人が日本で若い日本人女子をカルチャー教室などへ勧誘し、戦争責任などの罪悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

61.在日朝鮮人~パチンコ店

まず在日朝鮮人が日本円を得る方法として、パチンコ店とある。 調べると、 ・サンキョウ ・マルハン ・アルゼ などの経営者が在日朝鮮人であり、 パチンコ店の経営者もほとんど在日朝鮮人ということである。 (https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

60.在日朝鮮人

これまで食品、環境、経済、政治などについて意見を述べてきたが、どうしても腑に落ちない部分がある。 それは、いくら資本主義社会とはいえ、ここまで国民の健康に無関心であっていいのか、ということである。 ここまでくると、もはや日本人を不健康にすることが目的のように感じる。 そのような疑問を抱きながらネット検索をしていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more